Siriusの使い方2

今日はSiriusの使い方を学んだ。

最初は初心者用サイト作成のフローチャートにのって作成していたが、FTPやその辺のサーバー知識はだいたいわかっているので、通常モードでサイト作成を開始。

思ったよりも本当にカンタンにシリウスでペラサイトを作れることがわかった。そしてペラじゃないサイトも作れることがわかった。


記事数は10と決まっているようで、記事のタイトルには<h3>タグを設定されているようす。最初は記事の数(つまり10個分)しかh3タグつかえないじゃん・・・って思ったけど、そんなことなかったです。プレビュー画面でもなんでも開いて、ソースコードをのぞいたら、記事タイトルはキチンと<h3>で囲まれている。

ということは記事のタイトル部じゃなくても、自分で<h3>タグを記述すれば、それで出来上がり!

メニューの作り方も学んだし、今日は収穫が多かった。

※メニューの作り方

サイトの設定→メニュー部のフリースペースへ記述→そこへ記事と同様の書き込みを行う事でメニュー部の作りこみが可能。

最初には誰でもそうだとおもうけど、まずは何がなんだかよくわからない。でも1つ1つちゃんと分析して深掘りしていけば、所詮おなじ人間が作っているツール、しかも便利にしようとしてくれているツールなわけだから、わかりにくいなんてことはない、とくに売れているツールであればなおさらね。

新しく何かにチャンレジするときもこのことを忘れずに、短期にならないようにがんばっていきたい。笑

Siriusの使い方

サイト名には、キーワードを含んだ簡潔な形で入力する。

サイト説明については、通常のディスクリプションに入力する内容を入れれば良い。SEOとしても重要な位置づけになるので、キーワードをちりばめるのがベスト

H1テキストというのは、サイトの最上部に表示される文字列。ここもSEO対策として重要。ただし、今のワードプレスにとって、H1を直接指定することは稀だと思う。

なぜなら、記事タイトル自体がHタグの役割を担っているからだ。どちらかといえば記事内のh3タグを数多く作って、訪問してくれた人に見やすく段落分けしてあげることが大切。

どんな記事であったとしても、まず最初に考えなければいけないのは、訪問者視点、ユーザー視点ということだと思う。自分中心の情報発信は、ネット上のゴミ以外の何物でもないです。

これはシリウスだろうがワードプレスだろうが、根本的な考え方なので同じことです。

個人的に、シリウスはペラサイト、というよりかは更新頻度がそこまで多くない静的サイトに向く、ワードプレスは更新が比較的多い、まさにウェブ上でログ(記録)を取り続けるようなサイトに合う、といった感じだろうか。

なんにせよ、ツールそのものよりも、その中身とコンセプトが大切ということを改めて学んだ。

ミニ特化ブログの作り方

1.Yahoo!検索エンジンで虫眼鏡キーワードを深堀していき、ミニ特化ブログのタイトルと記事名を決める。

スカイライン(検索vol 60,000)→ 新型スカイライン、スカイラインハイブリッド、スカイラインGT-Rで2語キーワード

さらに新型スカイライン以下だと・・・

→新型スカイライン クーペ

→新型スカイライン 評判

→新型スカイライン 2.0 価格

→新型スカイライン 売れ行き

→新型スカイライン 発表

→新型スカイライン カスタム

→新型スカイライン エアロ

→新型スカイライン ハイブリッド

→新型スカイライン 発売時期

→新型スカイライン Q50

の10記事を書く。これで特化ブログを作る。この場合、「新型スカイラインの特化ブログ」になる。

どれもが当たらなくても、どれかが上位表示されれば、そこを中心にユーザーがPVとして巡回してくれるようになると

googleが、「この記事にも価値があるな」と判断して上位表示してくれるようになる。

2.新型スカイラインを検索するひとを想定する

→訪問者の視点で考える。

例)新型スカイラインへの乗り換えを考えている人がいるかもしれない

例)新型スカイラインを安く買いたいと思っている人がいるかもしれない

※実際の市場で考えてみる 例)「新型スカイラインを安く買う」を検索窓に打ち込んで検索

アフィリエイトの規定について調べた

個人的に、あまり著作権を気にせず(ダメ)画像などを貼り付けがちだったけど、今日ASPの規約を見たら

<禁止項目>

・勝手に店内の画像を掲載すること

と書いてあった。(全く見逃していた)

報酬が発生しなくなる可能性があるということなので、少しでもその危険性をなくすため、全サイトから店内の画像を削除。言葉に置き換えて修正した。

先日特ダネなんかでやっていた気がしたけど、韓国人の俳優さんが京都のあるお店を訪れた時に、「韓国人はいなくなれ」的な言葉を吐かれて、みているこっちも嫌な気分になるくらい、最低な日本人がピックアップされていた。

京都の人たちは、日本の恥、などといっていて、確かにその通りだとおもう。でも一方でこの韓国人俳優がとっていた行動にもスポットライトが当てられていた。

どうやら自分の動画投稿サイトに、無許可で店内などの映像を撮影したものをアップしていたということ。どんなに大手のテレビ局でも、映されてこまるものなどがある以上、撮影許可を取るのが当たり前になっているはず。

たしかにリアリティのある動画の方がアクセスは集めやすいが・・・・この韓国人俳優の今後の批評にも注目が集まりますよね。

とにかく、まとめておきたいのは、著作権などの法律がしっかり整っている以上、いくらネットビジネスとはいっても、その法律にしっかりのっとった上でビジネスをしない限りは成功はないかな、と思いました。

楽天ソーシャルについて学んだ

楽天ソーシャルは、その名の通り、楽天が運営しているSNSの一つ。ページランク(今は活用されていないかもしれない)が6もあるということで、かなり高い値ですが、ここからの被リンクがかなり効果大という記事を見つけたので実践。

楽天ソーシャル自体、パワーを持っているサイト、というか、もはやポータルサイトそのものなので、そこからリンクを貼られたら、それはパワーが上がるだろうな、ともおもうけど、こんな小手先のリンク方法、長続きするはずがない。

goggle側だって、そんなこと百も承知だろうし、実際にお金で外部リンクを買って紐付けてもらっているサイトは、軒並み検索順位が下がった。

どうしてもはやく結果を求めてしまうから、そういう邪道に走ってしまいがちになるが、ビジネスはゆっくりと築き上げていくもの。

それは一時的に稼げたとしても、長続きはしないし、運営している側としても精神的によろしくない。やはり誰かを喜ばせることで報酬が得られるということが大前提なので、そういう手段に心を奪われず、王道で勝負したい。

誰かに喜ばれるものを作り続ける、それがビジネスを長期的に運営していくために必要な心構えだとおもう。いつか横道に逸れそうになったら、またこの記事に戻ってきて初心に帰りたい。

行動し続けるには・・・

モチベーションが高く維持され続けなければ、作業はなかなか継続できない。

これはこの3か月で痛感したけど、新しい気づきもある。それは、モチベーションが

低くなったとしても、行動し続けることでモチベーションが高まってくるということだ。

モチベーションが高いから行動する。が通常の流れ。

でも、行動し続けるとモチベーションが上がってくる。という流れがあることも自分の中では事実。

やってると面白くなってくるしね。

じゃあ行動し続けるにはどうしたらいいか?それは「手を動かす」ことだと思う。

でも単純に「手を動かす」といったって、やることが決まってなければ手は動かない。

だから、例えば朝一からバリバリやりたければ、前の日、寝る前に、朝起きたらやることリストを

作っておいて、とりあえず起きて顔を洗ったら、まずパソコンを開いて、意識がもうろうとしている中で、

そのリストを順番にこなしていく。そうすると、指先が動き始めるので血の巡りがよくなるせいか、

だんだん意識が覚醒してくる。そうすると、やめられなくなる。面白くなる。これで継続できる。

ということで、やり続けるには、「準備」が必要だった。寝る前に5分で構わないので、やることリストを

作成してから寝る。もしくはやりたい気持ちを抑えて、あと少し、ここから先は寝て起きたらやろうと

少しだけ残してから寝る。

これで毎日作業が続けられる。

もう一つ。手が止まってしまうのは、「自分が何をすればよいのかわからない」からだ。だから、やることがわかっている

ときは手が止まらない。毎日記事を更新し続けるには、毎日やることリストを考える時間を作り、それを毎日継続すること、

そして、これからどんな方向で何をすべきかをじっくり考える時間も必要だということ。例えばそれは、案件を見て、こんな

サイトをつくろう、とか、アイディアを練る時間ということ。これは別に通勤中でもどこでもできる。ちょっとした女性同士の

会話からヒントになることもある。そんなカタチで、常にアフィリエイトのことを考え続けるというのが結論だけど、

具体論で少し残してみました、備忘録として。

自分はもし迷ったらここに戻りたいと思う。そして、わからなければ、近くでサポートしてくれている師匠に聞きたいと

思う。

シリウスの使い方

ここのところSiriusと格闘している。なかなかかゆいところに手が届かないが、実際はシリウスはその機能をもっている。使えていないのは自分の知識がないだけ・・・。

ということで、今回得た知識をまとめてみます。

・ページ上部、左上によくアイコンなどを設定して、そこからアフィリリンクを飛ばしているサイトがあるが、そのやり方を載せます。

1.サイト全体設定を開く

sirius2

2.「フリースペースの設定」タブから画面の項目を選択する

sirius1

3.見出し(タイトル)を設定

4.内容を設定

sirius3

5.仕上がりはこんなイメージ

sirius4

CSSって慣れるまでが・・・

大学1年の頃からHTMLに触れてきた自分にとって、HTMLのコードを編集するくらいは楽勝。

でもそのあとから出てきたスタイルシート、CSSってやつには、避けてきたせいか、ほとんど

理解不能。使おうと思ってもうまく使えず、ま、いっかと思ってたら、アフィリエイトで避けて

通れなくなってしまったので、今回ぶつかってみました。

リファレンス的なものは、上手に、詳しく載せてくれているサイトがあるので、そちらを調べるべし。

1.サイトの基本情報(文字の大きさ、背景色)などは変更せず、テーブル内だけ文字のサイズを変えたい

→独自のクラスを設定すればよい。

例)Siriusのデフォルトはいじらず、オリジナルを加える

css1

①上の「編集」タブから、一番右のスタイルシートを選ぶ

②Siriusのスタイルシート群は全部で4枚

・styles.css、tables.css、commonstyles.css、textstyles.css。

本体のHTMLファイルでは、下記のようにしてstyles.cssからほかの3つを読み込んでいる模様

@import url(“./css/tables.css”);

@import url(“./css/commonstyles.css”);

@import url(“./css/textstyles.css”);

おもに役割分担されていて、テーブル系なら、tables.cssとか、フォント系ならtextstyles.cssなんかに

分けて書かれている

 

今回はテーブルの一部を変更したかったので、tables.cssと格闘。

css2

この最下部(読み込みは上から順です。したがって一番下に追記すれば、基本的にはそれが優先されます。)に記述を追加。

css3

tdやthタグへオリジナルの設定を施したかったので、安易な名前を設定。

.orgtdthを選択すると(選択方法は後述)

・テキストを中央配置

・フォントサイズを全体の8割へ

・背景色を変更(←じつはこれが一番やりたかった)

が設定される。設定方法はこんな感じ↓

css4

そうすると、このクラス「orgtdth」を設定されたテーブルのみ、上記の中央寄せやフォントサイズ変更がかかる

さらに、とあるtdタグのみを左寄せにしたかったので、さきほど追加したクラスの下に「tdl」クラスを新設

これをすると、orgtdthの中の、「tdl」セルだけが左寄せになる。(もっといい方法はあるはず。今回は時間が

ないのでこれにする)

設定方法はさきほどと同様。

css5

二行目のpaddingってのは、左寄せにすると、テーブル内の仕切り線とものすごくくっついてしまうので、それを避ける

ための記述(やればやるほどハマった)

う~ん、本来はココではないのに、こんなに時間を使ってしまうなんて・・・・。ま、これも経験経験!

Windows標準のペイントでモザイク?!

ということで、なるべく簡単に済ませたいモザイク処理。でもイラストレーターやペイントショップなんて

わざわざ持ち出したくもない。(っていうか持ってない)

ということでネットで調べてみると・・・ありました、その技が。いやー、頭いいですね、みなさん。

こちらのサイトがgoodです。↓

こちら

この技、実は結構使っている人たちが多くてびっくり。自分の職場でもこれを使っている人、いましたよ。

要は見えなくなればいいわけだもんね。画像の基本がドットであること、圧縮なんかをかけられると、そのドットが引き伸ばされてぼやけるから、という発想から生まれた手法だとおもうけど、こういうことを考えつく人って基本がしっかりしているんだろな。

やはり応用力を養うためには根本的にどうなっているのか、理屈をしっかり学ばないといけないし、いつまでも誰かがどっかでこういうことをやる「方法」をおしえてくれてないかなーってなりがち。

このネット情報過多の時代、きっとどこかの誰かが自分がやりたいことを先にやってくれていはいるけど、それでもニッチすぎて情報がない場合もある。そんなときはこの考え方に戻ってきて、ちゃんと応用力を効かせられるような感じにしたい。

CSSで困ったときにはこの技

経験済みだから言えるけど、cssファイルの該当箇所を変更しているはずなのに、なぜか表示が変わらない。

そんなときは、この技がオススメ。

①プレビューで変更したサイトを開く

②変更したい箇所を右クリックして、Chromeの「検証」をクリック

css6

すると、画面のように該当箇所のcssが表示されるので、実はここをいじれば変わるのだということが

ブラウザ上で実験できる。

この技を知るまでは、ここかな、それともこっちかな?といろいろいじくった挙句、全然変更されない、モチベーションが

下がる、焦りが募る・・・という悪循環に。この技を知れてよかった、感謝!